発症してしまったら|ストロングハートで愛犬を守る|フィラリアなんかに負けない

ストロングハートで愛犬を守る|フィラリアなんかに負けない

発症してしまったら

白色のカプセル

万が一、愛犬がフィラリア症になってしまったらどうなってしまうのか?
犬によって現れる症状や進行のスピードというのは違いますが、症状としては咳、運動を嫌がる、食欲がなくなる、腹水が溜まる、血尿がでる…という症状です。
フィラリアというのは心臓や肺に寄生していますので、直接見つけることは不可能です。ですから、フィラリアになっているかどうかというのは動物病院で検査を受けなければ分かりません。

また、フィラリアに感染していることがわかった場合、治療を受ける必要があります。ただ、治療と言っても方法は1つだけではありません。犬の年歳、体力、症状の状態などを考慮して最適な治療が行われます。感染状態が軽度であれば駆除薬の投与がおこなわれますが、感染状態が重度の場合には手術が必要です。ただ、犬が高齢の場合には体に大きな負担をかけることになりますので、手術は避けるべきでしょう。

こうした治療方法がありますが、最も良いのはフィラリアに寄生させないことです。
現在ではストロングハートのような服用するだけでフィラリアを寄せ付けない予防薬というものがたくさんあります。そのため、ストロングハートなどの薬を定期的に投与し、健康を守るようにしましょう。犬は自分でタイミングを測ってストロングハートを服用することはできません。ですから、あなたがしっかりと管理をする必要があります。
フィラリアに感染しないかどうかはあなたにかかっているのです。1日でも長く一緒に幸せな時間を過ごすためにもストロングハートの投与を忘れないようにしましょう。